読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴屋の靴は穴だらけ。

京都・靴工房かたつむりの日記

これで越せない日本の冬はないと思う。ムートンルームシューズのワークショップ。スタートです!

f:id:katatsumuri-shoes:20151031224934j:image
寒くなってきた途端に、自分の冷え性を1年ぶりに思い出す今日この頃。
底冷えの京都を乗り切る最強アイテムが新たにワークショップに登場です!

暖かすぎるムートンルームシューズ。
履いてみて。履いてみて。試着したら脱げなくなるから。
f:id:katatsumuri-shoes:20151031225003j:image
シンプルに本体を縫い上げるだけなら、
裁断→穴あけ→手縫い
両足作って3時間でいける!  
かな??
楽観的過ぎるかな?
どっちにしても、いろいろあるワークショップ史上最強簡単なことは間違いないです。

チクチク並縫いするだけなのです。
ローリスクハイリターン!
f:id:katatsumuri-shoes:20151031225150j:image
形は、短い丈(右)と、折り返して履くこともできるブーツ丈(左)の2種類。

サイズはS、M、Lの3種類。
(ムートンは毛足でおおらかに足を止めてくれるので、だいたいの人がこの3サイズで問題ないと思います。いろんなサイズの生徒さんにも足を入れてもらいました。)

基本的に同じ形ですが、
➀縫い目を外に出して縫うだけの簡単仕立て(写真右)
②前センター後ろセンターをテープ状のもの(革でもリボンでも)で留めるタイプ(写真左)
(②の方が当然時間かかります)
f:id:katatsumuri-shoes:20151031225221j:image
ママが一生懸命作ってるファーストシューズも楽しみだけど、
このモフモフもいいでしょ〜
そうそう。ホッペにスリスリしたくなるよね。
f:id:katatsumuri-shoes:20151031225240j:image
履いた!
おお。足がよれてる。。あぶないあぶない。。
f:id:katatsumuri-shoes:20151031225307j:image
大人が履くとこんな感じ。
とにかくオーバースペック気味に暖かいっす。
f:id:katatsumuri-shoes:20151031225328j:image
寒いお部屋にお住まいのそこのあなた!
もしくは、部屋は暖かいはずなのに、異常に寒がりなそこのあなた!
暖かさはお約束します。ぜひ作りましょう。

自分があったまりたい。もあり。
なんだか寒そにしてる誰かもついでに温めたい。もあり。

そう。
クリスマスプレゼントにもいいんじゃないでしょか。
もう一回言います。
ローリスクハイリターン!
不器用自慢のそこのあなたも是非どうぞ。

工房の床もだいぶ冷えますけど、もうそろそろ私は日が落ちてからの残業時に、これ履いてると脱げなくなる感じです。。ま、私はだいぶ寒がりです。もともと真冬にノースリーブのニット着てる女子が理解できません。。
f:id:katatsumuri-shoes:20151031225509j:image
ミシンは乗ります。裏の毛足は踏みますけど。
いろいろアップリケしても可愛くなりそう。
f:id:katatsumuri-shoes:20151031225528j:image
本体に縫ってないですけど、想像してね。
f:id:katatsumuri-shoes:20151031225824j:image
いろんなバージョンのサンプルを作りたいのですが、
実は、ムートンの量が限られていて、一足でも多く皆さんに回したいので、サイズサンプル片足ずつしか作っていません。

できるだけムートンは切らない!ということで、試作1号はプチプチで作るという涙ぐましい努力。
(プチプチ2枚重ねがムートン一枚弱というザックリした想定でやってみました。)
f:id:katatsumuri-shoes:20151031225556j:image
なので、以下、全て頭の中で実際にくっついてるものとして想像してくださいね。

例えばボタンとか。
なんか付けられそうな可愛いボタン、引き出しに眠ってないですか?
(写真のボタンは、だいぶ昔に沖縄で購入した素朴なボタンいろいろ)
f:id:katatsumuri-shoes:20151031225618j:image
自分で織ったカード織りの紐。
左の水色の方には、本当に縫い付けてみました。
ここまでしたら、思い入れたっぷりの完全オリジナル。
f:id:katatsumuri-shoes:20151031225643j:image
でも、自分で一から素材作らなくても、ちょっと四条通りのノムラテーラー行ったら、おっ。使えるんじゃない?ってものがワンサカあります。

バブーシュワークショップでも、なにかもう一声って時に「帰りにノムラテーラー寄ってみます」って人が結構多いですが、ムートンに合いそうなものもいっぱいありました。
ミシン乗るので、ワッペンもいけるね。
f:id:katatsumuri-shoes:20151031225716j:image
端革ボックスの中のものは自由に切り出して使ってもらってオッケーです。
靴のパターンが取れるほどの大きさはない、というだけで、悪い部分ではないし、
お宝がザックザク。
f:id:katatsumuri-shoes:20151031225902j:image
ほんと乗っけてるだけだけど、想像してね。色々可愛くできそうでしょ?
私はやっぱり色数の多い賑やかなのが好きなんだな〜

以下詳細。


ワークショップ料金

短い丈
S (21〜22.5くらい)10500円
M (22〜25くらい) 11000円
L(25〜28.5くらい)12000円

ブーツ丈
S(21〜22.5くらい)12000円
M(22.5〜25くらい) 12500円
L(25〜28.5くらい ) 14000円

滑り止めを貼りたい人 上記にプラスして 1000円

(以上全て税別)
高いけれども、ムートンの原価がものすごく高くて、これ以下は無理っす。
来年この企画がリピートできたとしても、この値段では出せないと思います。

色は5色
f:id:katatsumuri-shoes:20151101145324j:image
ですが、右の2色(黒とオレンジブラウン)はそれぞれ1〜2足分で終わってしまうくらいの量しかありません。

ムートンの在庫がなくなりましたら、来季まで仕入れできませんので予約を一時ストップします。
各色の仕入数にはばらつきがありますので、売り切れて選択肢から外れていく色が出てきますことご了承ください。
サイズや丈が違うパターンなので、実際に何色が何足分取れるかはわかりません。
色指定でのご予約は承れませんので、宜しくお願いします。

どんな色でもクリエイティブに!という精神で宜しくお願いします。
(予約順ではなく作業日順で好きな色を選べます)


完成までの所要時間について
一番単純な外縫いで縫うだけだったら3時間前後。
いろいろオリジナルで足したい人は時間無制限で気のすむまで作業してください。
縫うのはとっても単純なので、本体の装飾をいけるところまでやって、組み立てはお家で、というのもできると思います。
f:id:katatsumuri-shoes:20151101160657j:image
ホームページにワークショップページ作るの、ちょっとタイムラグあるかもしれません。
このブログで予約解禁にします。

何足作りたいか、
希望の日時をご連絡ください。
(生徒さんで「作りたい!」と言ってくれた人も、足数把握したいので、もう一度意思表明してもらえると助かります)
(メール、工房オープン時間内なら電話でもオッケーです)
工房オープン日程は下記ページをご覧ください。


f:id:katatsumuri-shoes:20151101160732j:image
みんなでヌクヌク。
ご予約絶賛受付開始〜‼︎!







広告を非表示にする