靴屋の靴は穴だらけ。

京都・靴工房かたつむりの日記

私はもうひっそりとベビーシューズ屋さんになりたい。お待たせしすぎたベビーシューズワークショップ、いよいよ始まります‼︎

f:id:katatsumuri-shoes:20150501142002j:plain
さあ、いよいよベビーシューズワークショップの開始のご案内です‼︎
周りに赤ちゃんがいないそこのあなたも是非どうぞ。
 
私はもうどこかの田舎に引っ込んで、ベビーシューズばっかり作っててもいいかな、というくらいサンプルを作っていて幸せでした。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501142045j:plain
さあ、色々基本事項をご説明。
形は二つ。
こんな襟のような羽根がついた紐靴と、
f:id:katatsumuri-shoes:20150501142200j:plain
バックストラップで留めるパンプス型。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501142226j:plain
色展開は悩みに悩んで選抜を勝ち抜いたヌバック全15色展開。
ヌバックは革の表面を起毛加工したもので、厚みがありつつも柔らかく、一枚でベビーシューズを成立させるにはとっても向いています。
 
淡い色よりは、ぱきっと元気な色が多いです。
一足で色を組み合わせる時もお互いにしっくりくるように、ということも考えて15色をバラしました。
 
ですが、実はこの内約半分はもう廃盤色で、リピートできません。。
素敵な色だったのでどうしてもということで買ってみましたが、しばらくして使い切ったらまた色展開ちょっとずつ変わっていく予定です。
 
この革は、靴教室の生徒さんは大人靴の革としても普通に使ってもらって構いません。(これまであまりなかったようなハッキリした綺麗色もたくさんあるので是非チェックしてね)
f:id:katatsumuri-shoes:20150501142319j:plain
一色で作ってももちろんよし。
コロンとした形と素朴な茶色がベストマッチ。。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501142349j:plain
こんな風にパーツが分かれているところは、違う色を使ってもよし。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501142415j:plain
うんうん唸って決めた15色。
何を合わせても合ってしまうわけです。笑。
自画自賛。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501142659j:plain
もういっちょこんなのもどうでしょう。
このピンクは15色目の当落線上にあったのですが、入れてよかった〜
鉄板のショッキングピンク(ワラーチでも人気ナンバーワン)があったので、たった15色にピンク2色いくか、しばし熟考しましたが、このピンクを推す生徒さんもいたりして。。
なんとも言えない、桃色ぴんく。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501142744j:plain
アイボリーも選ぶ人多そうだなぁ。
ピンクのゴム紐。ゴム紐は、一回結んでおけば、履かせるときにビヨ〜ンと伸ばしてスポッといけます。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501142824j:plain
羽根の部分に穴開けてみました。
 
バブーシュで、皆さんいろんなアイディア持ち込まれて、オリジナリティーの高いものが色々と出来上がっております。ベビーシューズでも、基本の形をどうぞ色々アレンジしてみてください。
 
羽根のパーツは大きいから色々できそうですね。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501142907j:plain
淡い色に流れがちなベビーシューズだけれど、
絶対入れると決めていた黒。
 
ベビーシューズは小さいので、結ぶ紐一つで色々印象変わります。
写真は以前バブーシュのサンプル作った、モクバのチロリアンテープの残り。
(伸びないから履かせるときに面倒臭い人はゴム紐がお勧めですが。。)
f:id:katatsumuri-shoes:20150501143146j:plain
パンプスタイプのバックストラップも、色々考えられそうですね。
 
 
(真ん中のピンクに茶色。茶色のモカパーツをクマさんの顔に見立てようと思って耳を付けてみました。
顔もつけようとしたけど失敗したので、遠くからぼんやり撮っとります。察してね。
でも、センスある皆さんは、ここをなんらかの可愛らしい動物の顔に見立てる、ってのは是非是非やってみてほしい。絶対かわいいのができるハズ。)
f:id:katatsumuri-shoes:20150501142959j:plain
バックストラップのパターンとしては、
タブにハガワリボン通して、ゴム紐通して、こんな感じ、とか。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501143012j:plain
同じく。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501143208j:plain
お勧めは、タブをさらに2分割してちょこんと縫って、ゴム紐を写真みたいに通す。
そうすると程よくキュッと留まります。
履かせる時に伸ばして緩めたときに抜けないように、なにか大きい塊を付けておく。
写真は靴紐の先につける、ちょっとした金具です。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501143226j:plain
こんな風にハガワを切って通して抜け防止にしても可愛い。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501143241j:plain
そうそう。
パンプスタイプはインディアンモカシンによくあるフリンジのモカパーツでも作れますよ。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501143302j:plain
これもフリンジタイプ。
というか、もはやパンジーの方が目立ってしまっている。。。
いや、ベビーシューズの写真撮るのが楽しすぎるのです。。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501143353j:plain
これは、なんとワラーチその他でもお世話になりっぱなしの真田紐。
紐、紐、、と工房を見渡して目に入らないわけがない。
強くて美しくて処理いらずの最強選手。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501143417j:plain
この紅白二色の真田紐は引き出物なんかに結ぶお祝い用のめでたいやつ。
(これはハギレだけで在庫ないので悪しからず。。他のワラーチで使ってる真田紐はご自由に選んでもらって結構です。)
f:id:katatsumuri-shoes:20150501143440j:plain
モカパーツの縁をピンキングバサミで切ってみました。
こんなんもご自由にどうぞ。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501143521j:plain
いやもう我が子が生まれて写真撮りまくる親の気持ちです。
散りゆく桜の花びらと〜
ポストカードにしたろかな。
 
というわけで、
ここらでこんな可愛いベビーシューズをワークショップで作ってみましょうというご案内です。
 
価格:
パンプスタイプ   3900円(税別)
羽根靴タイプ       4300円(税別)
 
かたつむりの他のワークショップに比べても、とても安く設定しました。紐代込み。サンプル写真のチロリアンテープなどは在庫していません。
サンプル写真の靴紐金具は別途実費。(一個50円程度)
 
 
サイズ:ひとまず10センチ。
               今後ゆっくりサイズ増やしていきます。
             歩く前のお子さんのベビーカーでのお出かけや、
               出産のお祝いに。
               うん。たぶんお祝いにとっても向いてる。。
 
室内履きバブーシュでたくさんのオリジナルが生まれたように、踏みしめて歩くことを前提としないからこそ、遊べると思います。
「耐久性」ということを考慮し始めた途端に遊びづらくなることがいろいろあるのも事実。
なので、とりあえず、楽しくベビーシューズを一足形にしてみる、ということに焦点を当てて、お祝いにもぴったり、価格も、作る時間も、あまり負担にならない範囲で、でもとびっきりカワイイ!というのを目指してみました。
 
もちろん、歩くためのファーストシューズも順次展開予定です!乞うご期待。
 
時間:ワンデイ6時間以内(という今現在の見込み。。)
 
1日2コマで作り上げてもよし、
2日に分けてきてもよし。
ママさん、プレママさん、3時間連続も厳しい人は、もっと細切れでちびちび通ってもよし。
片方覚えたら、残りはお家でやってもよし。
ご自分の時間と相談して通いやすいようにどうぞ。
どんな通い方をしても、何時間かかっても、追加料金なし。
 
接着剤は一切使いません。
革と針と糸。それだけです。
覚えてしまったらお家でできます。というのもセールスポイント。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501143636j:plain
素材は、先にご紹介したヌバック15色です。
とても向いています。
が、どうしても、工房に在庫する他の革で作りたい人。
応相談でお受けします。
 
このベビーシューズの仕立ては革の裏面が見えますので、革の裏面の表情が汚いものは見栄えがしにくいのと、革の厚み、硬さ、ハリなどによって向いていない(というか縫うことはできても見栄えがしない)革というのがありますので、応相談。
 
キラキラ同盟の人は、上の写真のようなの作りたくなりますよね〜
革を上手く選べば、かわいいのができるでしょう。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501143658j:plain
この、白×紺も、実は15色の革が届く前に、工房の在庫革で作った番外編。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501143711j:plain
散りゆく桜と〜
いやもうほんと自己満足のポストカードにしたろ。。
f:id:katatsumuri-shoes:20150501143820j:plain
しばらく工房の窓辺に飾っておいた中で、通りすがりの観光客に一番手に取られていたのはこの子でしたね。
さあ、みんなで作りましょう。
私の思いもよらない組み合わせがまたいっぱい生まれそう。
 
ゴールデンウイーク中にホームページのワークショップページを作りますが、
もう、設定その他必要なことはこのブログで書いてしまいましたので、お申し込みのメールは解禁です!希望の日時をご連絡くださいませ。
(電話はゴールデンウイーク中は、京都を留守にしていますので、通じません。)
 
f:id:katatsumuri-shoes:20150501161826j:plain
ほんと、写真撮りすぎです。
皆さんの作ったベビーシューズも早くいっぱい写真におさめたい!
 
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする