読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴屋の靴は穴だらけ。

京都・靴工房かたつむりの日記

こんまりさんを初めて知って「そうか!トキメキで決めるのか!」と思って周りを見回したら、かたつむりにはすでにトキメキで決めてる人ばかりでした。

小洒落た雑貨屋さんに置いてありそなエキゾチックなバブーシュ。この葉っぱのような模様は、小さなビーズを丁寧に刺繍で縫い止めたもの。私が「なるべく糸切らないで、一筆書きに近い感じで縫えるといいね」と言ったので、しばらくグルグルと考えておられま…

作りたい靴を作るために。自分のイメージをまず大切にしよう。

ドドーン。とある生徒さんの靴が完成しました。「自分の考えたデザインで靴を作る」ということの大変さと楽しさが詰まったとても良い例だなあ、と思ったのでちょっと書いてみます。「前は普通の革靴に見えるけど、実はズボンの裾に隠れてカカトは踏んでいる…

職住一体今日で終わります。工房拡充第2章、ちびちび頑張っていこう。

寒すぎる…寒波到来の週末の京都。エアコンもあるけど、風があるとライターで縫製の処理をする際に危険なことになったり、意外と弊害もあるので、たった一つしかないガスストーブで今のところ乗り切っています。が、空調の基礎知識がないもんで、こんな感じで…

ちっちゃくても一人前なそれぞれのベビーシューズ進行中〜

「先生、ピンキングバサミ貸してください」というので何かと思ったら、履かなくなった革のスカートをポーチにリメイク中という生徒さん。こちらは、自作のポケットやらブローチやら(かたつむり!)「カード織りやってみました!」な人も。。相変わらず靴以…

母と娘の靴作り。あっという間に立派になってしまうんだな。

今週は印象的な「母と娘」が二組。まずは、ワラーチつくりに来てくれたお母さんと娘さん。お母さんは2足目です。前にいらした時は、「今度モンブラン走ってくるんです〜」って仰ってました。どうでしたか?とその後のお話聞いたりしながら楽しく作業。あれあ…

素敵な靴は素敵な場所に連れていってくれる。さあ、あなたも自分の靴を作ってみよう!

「こんにちは〜」と教室に来た生徒さんの足元が自分で作った一足目の靴だったので嬉しくてパチリ。さあ、ちょっとブログの間隔があいてしまって久しぶりに書いています。お伝えしたいあれやこれやが多すぎて、一気に全部は書ききれない。。うう。。ハイライ…

2歳児、初めての靴づくり。反抗期になったら見せよう。母の永久保存版。

すべての始まりは…今回の仕入れで一目惚れして買ってきたばかりの、ビブラムのドクロソール。だったことは、このブログを最後まで書いて気づきました。見た目に反して、4ミリ厚でしなやか。祇園祭用のイケイケワラーチ作ってもいいかなぁ、と思ってたので早…

ちっちゃなテレビだけどパブリックビューイングやってました、な今週のお教室。

ワールドカップ初戦、コートジボワール戦のキックオフが見事に工房のオープン時間とかぶった去る日曜日。そんなに詳しいわけではないけれど、やっぱりなんだかソワソワする…ということでちっちゃなテレビを出してきて、お教室時間になんちゃってパブリックビ…

母に靴を作ってもらうことの「ちょっと特別」がやっとわかってきた息子が、出来上がった靴を見て「と〜くべつやなあ」と言った日。

もうすぐ3歳の息子の靴。4月の保育園進級のタイミングで新しく作ったのが、もうボロボロ!そして、足のサイズも2ヶ月でがっつり5ミリ大きくなっている!どうしてそんなにすぐに大きくなるんだ!作ってる時間ないのに…息子の靴はいつも「ついこの間作ったば…