読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴屋の靴は穴だらけ。

京都・靴工房かたつむりの日記

キラリと光る新着完成靴たちのご紹介と、工房のオープン時間変更のお知らせと、チケット制新規募集止めます、のお知らせ。

連絡・告知 靴のこと 教室のこと
f:id:katatsumuri-shoes:20151018195744j:image
人の才能というものは多岐にわたるものです。
「多摩動物園」の写真集を傍らにおいて、なにやら羊やらハリネズミやらをミシンでチャカチャカ刺繍し始めた生徒さんを見たときは、う〜ん!と唸ってしまいました。

イラスト集じゃないですよ、
写真集ですよ。写真から一筆書きの一本の線で特徴を拾えるってすごいね。。
f:id:katatsumuri-shoes:20151018195807j:image
お兄さん夫婦に生まれた赤ちゃんに。
とっても喜んでもらったみたいです。

2人目生まれたら、シリーズでいけるんじゃない?
動物シリーズで。
f:id:katatsumuri-shoes:20151018195824j:image
そんな、いつでもタッタカター♫ とミシンを踏む彼女は
f:id:katatsumuri-shoes:20151018195839j:image
こんなバブーシュなんか、3時間もかからずに隙間時間にタッタカター♫ なわけです。

エナメルでも、みんなが実はちょっと苦戦する底縫いでもドンと来いな訳ですわ。
「ま、直線なんで貼らないで縫いま〜す」みたいな感じですわ。
タッタカター♫
良い子は真似しないでね。笑。
f:id:katatsumuri-shoes:20151018195933j:image
も1人、別の意味でチャッチャカチャ〜♫と作る人は、
こんな洒落たモカシンを作った後、
f:id:katatsumuri-shoes:20151018195954j:image
他の生徒さんが「ギョッ」とするスピードで
(誰かホントに言ってた気がする。)
f:id:katatsumuri-shoes:20151018200034j:image
2足目のモカシンを作ってしまいました。
まあ、モカシンは、木型とパターンがあれば確かに2足目はとても早くできる靴ではあるのですが、
こちらの場合は、それにプラスして、お家に革を扱う制作環境がある、「いつでもどこでも」な感じが、チャッチャカチャ〜♫ を生んでいます。
f:id:katatsumuri-shoes:20151018200052j:image
一足目とはうって変わって無骨でラフな感じに纏まりました。
同じ靴をバージョン違いで作るのはオススメです。
f:id:katatsumuri-shoes:20151018200107j:image
自作の長財布とお揃い。自前のエレファントの革をお家で切り出してきました。
しかし、財布とお揃いのモカシン持ってる人なんて他にいるのかね。。すごいね〜
f:id:katatsumuri-shoes:20151018221636j:image
さてさて。
閑話休題。
ちょっとお知らせです。

通っていただいている生徒さんには、チラホラと、打診をし、調整をし、お知らせをしたきたのですが、11月から工房のオープン時間を少し変えようと思っています。

新しいオープン時間は

木金  10:00〜13:00
         14:00〜17:00

土      9:30〜12:30  
          13:30〜16:30
          17:00〜20:00

日       不定期。ホームページで前もってオープン日をお知らせします。

これまでは、水〜日の週5日、毎日同じ時間帯で2コマずつ開けていました。

変更点としては、

1:新たに水曜日は完全にお休みとなります。

2:土曜日は3コマに増えます。→3コマ化にあたり、土曜日のみ、午前クラス、午後クラスの時間帯がそれぞれ30分ずつ早まっていますのでご注意ください。お昼ご飯休みはこれまで通り、一回工房の鍵を閉めて私も外に出ますが、午後クラスと夜クラスの間の30分は、開けたままにします。「午後クラス、夜クラスで通し」という生徒さんがいる場合には、工房にいてもらって構いません。まあ、各自うっすらオフってお茶でも一杯飲んでください。やる気、体力に満ち溢れている、もしくは締め切りがあって非常に焦っているという人は、おやすみ時間にガツガツ作業していただいても構いません。が、私もうっすらオフってコーヒー一杯と甘味くらいはいただくと思いますので、その辺よろしくお願いいたします。

3:日曜日は、月1〜2回程度を目安に開けたいと思います。
      季節感のあるワークショップなども考えていく予定です。
     月によって第何週をお休みにするかは変えるつもりでいますので、ホームページに半年先くらいまでの日曜日オープン予定を載せておきます。日曜日でないと来られない方はそちらで日程をチェックしてご予約ください。
f:id:katatsumuri-shoes:20151018200322j:image
全く宣伝していないにも関わらずチラホラといただく注文靴の作業時間が取れなかったり、
新たなワークショップのアイディアを練って準備する時間的余裕がないこと、
工房を次の段階に進めるために必要な、ちょっと「馬力」「勉強」の必要なアレコレに割く時間的精神的余裕が取れないこと。
たまの日曜日に、ちょっとでも小さい子供を囲んで家族みんなで過ごす時間が必要なこと。

いろんな今の状況をウンウンと考えて、このように決めてみました。

通いやすくなる人、
逆にちょっと通いにくくなる人、
いろいろいらっしゃると思いますが、
是非ご理解いただき、新たなオープン時間でご都合つくときに遊びに来てくださいませ。


f:id:katatsumuri-shoes:20151018200404j:image
それから、オープン時間の変更の他にもう一つのご連絡。

これまで、月4回消化する通常のお教室の他に、4回あたり2000円高い「チケット制」を設けていましたが、

新たなチケット制の募集は停止します。

(今現在チケット制で通っている人は、最初に申し込みいただいた時にそういうお約束をして通っていただいていますので、そのままの扱いで通っていただいて大丈夫です。)

チケット制を止めることは、だいぶ悩んだのですが、
決めた理由としては、
「なんとなく見ていると、通ってくる生徒さんのリズムがうまく作れないようで、通い方の選択肢としてあまり機能してない」ように思ったからです。

「靴を作る」ということは、モノづくりの中でも、作業工程が多く、何ヶ月もかけてじっくり作っていくというタイプの習い事です。
多岐にわたる作業工程の中で、それぞれに、当然のことながら得意不得意があり、苦手だなと思うところは、「今日私進んだんだろうか…?」と思う日もみんなあることと思います。
私にもそんな日はあります。

そんな時に、
生活の中に、「今は靴を作っている」というラインが一本通っていると
「大丈夫、来週来てリカバリーしよう」と思えるけれども、

「久しぶりに来たのに、全然進んだ感じしなくて、一体いつ出来上がるんだろう…」って思ってしまうと、気持ちの持ちようとしては難しくなっていくかな。

久しぶりにジム行ったら、体力落ちててめげた、みたいな。
ジムも、ある程度習慣化してマメに通うから、体力ついて→上手になって→楽しくなっていく、んですよね。靴作りもちょっと似ているように思います。

とは言え。
皆さん、学生さんだったら試験の日程、お仕事だったら、繁忙期その他。
色々あります。
今後は通常教室のみの募集になりますが、1ヶ月単位でお休みが必要な時は、わかった時点で前もって言ってもらえれば、お月謝が発生しないお休み扱いにしますので、遠慮なく仰ってください。(というか、これまでもしていました。ゴメンナサイ、私がホームページにちゃんと載せていませんでした。。)

実は、夏前くらいから見学に来てくれた人には、ホームページを見て「自分はチケット制かな?」と思って来てくれたような人にも、上記のような説明をして、「まあまあ何ヶ月かかかるものなので、いつも同じ曜日に通えなくても構わないし、通えない日の振替も認めているので、通常教室の方が流れが生まれていいと思います」というようなことを説明し、それを聞いて、ほとんどの人が「それなら、通常教室でやってみます」という風に言ってくれたのもあって、ちょっと一回チケット制を止めてみます。


f:id:katatsumuri-shoes:20151018200424j:image
以上。
オープン時間変更のお知らせと、
チケット制止めます、のお知らせでした。

f:id:katatsumuri-shoes:20151018200442j:image
日曜日を半分閉めるというのは、ちっちゃな自営業としてはちょっと勇気のいることで、だいぶしばらくウダウダと悩んでいたのですが、やっと決めました。
まあ、この人は飛び上がって喜んでいます。笑。
f:id:katatsumuri-shoes:20151018220457j:image
そうだ。生徒さんの中にも1人休むの大賛成って言ってくれる人がいた。
私が土曜日3コマ化を伝えた時に、唯一
「先生働きすぎです〜」と言ってくれたNさんの初めての試着靴の写真で今週はお別れしましょ。

そう言えば、夏休み5週間休むという、チキンな私には大きな決断だったあの時も、1人
「もう来年は2ヶ月くらい休んじゃったらいいんですよ〜」と言ってくれたのは彼女でした。

ではでは。
新たなオープン日程で今後ともよろしくお願いします!



フランスに旅立ったKさんへ。〜軽い荷物と楽しむ心 × 重い荷物と頑張る心〜

教室のこと 靴のこと バブーシュのこと ばってんサンダルのこと ワラーチのこと
f:id:katatsumuri-shoes:20151007142206j:image
手帳の元旦のページに
「今年は靴を習いに行く」
って書いたんですよ。

と、なにかの雑談の中で教えてくれたKさん。
ああ。元旦のページに書くような強い気持ちでかたつむりを見つけてくれてありがとう。
と、密かにじんわり感動したりしていたのでした。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007142339j:image
楽しく靴を作り始め、
毎週毎週、
多少失敗したり、調子良かったり、
色々しながら、通ってきていました。

f:id:katatsumuri-shoes:20151007151052j:image
着実に一歩一歩、というタイプ。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007151149j:image
一足目の試着靴のこの縫い目。
正直ガタガタ。。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007151205j:image
からの、
本番靴でのこの縫い目。

このビフォーアフターは、
私が一人で勝手にずっと新しく入ってきた生徒さんに語り継いでいるのですが、
f:id:katatsumuri-shoes:20151007151024j:image
まあ、いわゆる真っ直ぐな頑張り屋さん。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007142909j:image
そんな彼女が、
ちょうど1年前の今頃、教室終わりに
ちょっと先生にご相談が。。と言って

フランスに靴の勉強に行きたいと思っているけど、いろいろあーでこーで迷ってるんです。

と言ってきました。

周りにはいろいろと冷静なアドバイスをしてくれる人たちがいるようでしたが、
私は毎週揺れ動く彼女に

ぜったい 行〜き〜な〜よ〜‼︎

と言い続けました。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007142959j:image
じっくり心を固め
(2014年の元旦には靴を習いに行く、と書いたけど、2015年の元旦には、きっと、フランスに行く、と書いたはず。)
3月末で会社を辞める決心をし、
自分の靴を仕上げてからは
f:id:katatsumuri-shoes:20151007143126j:image
ひたすらお世話になった人たちへの贈り物作りが始まりました。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007143151j:image
「あの人にも、この人にも…」
出発への準備を一つ一つ整えていく。

お世話になった会社の同僚には、三者三様の個性的なコインケース。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007143807j:image
一番の親友には、フェルトのポンポンのついたポップなバブーシュを。

ずっと友達でいてね
って英語で中敷にメッセージ。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007144539j:image
鴨川べりで桜見ながら手縫いで仕上げていたのは、お母さんへの外履きバブーシュ。
お母さんへのバブーシュ作っていたのは春頃だったんだね、と私もこの写真を見て思い出す。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007144630j:image
出来上がった翌週に「喜んでらした?」と聞いたら、
「ゴミ出しくらいしか履けない、って言われました〜‼︎」と言っていたけど、

後日もう一回聞いたら、
「棚に飾って履く気配ありません」って言ってました。笑。
お母さん、嬉しかったはず。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007144734j:image
そして最後にパートナーへ。
色からなにから全てにおいてじっくり悩んでいました。
白の色が、一段クリーム色掛かってたのが最後まで気になっていたようで、
「もう少し真っ白、ありませんか?」って何回も聞かれました。
あの時はなかったの〜ごめんね〜
f:id:katatsumuri-shoes:20151007144805j:image
星型の飾りカシメがいいアクセント。
これも外履き用にソール貼りました。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007145115j:image
合間に作った自分用バッテンサンダルは、
何風とも言い難い多国籍な感じがバツグンに可愛かった。

ソールに貼った布は、お母さんの引き出しから掘り出してきたレトロ柄。
パリの蚤の市でいろんな素材を目をキラキラさせながら探してる姿が今から目に見える。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007145133j:image
なぜか「自分はちょっと手が遅い」と思ってるっぽい彼女は、
いつも出来上がる日に、出来上がると思って来てないので、
イマイチな足元で現れる。。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007145227j:image
パリで履くということで作ったこの渋かっこいい外履きバブーシュができた日も、
f:id:katatsumuri-shoes:20151007145258j:image
マジで??
という感じでしたが、、
f:id:katatsumuri-shoes:20151007145321j:image
最後のお教室の日に作ったワラーチに合わせた靴下は、バッチリだったんじゃないでしょうか!

金魚の柄が爽やかな日本の夏を演出する一足は、それを選ぶ感覚がすでに、
あ〜私はこれをパリで履くんだってモードになって選んでるな〜って感じがもの凄く伝わってきました。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007145510j:image
オシャレなロングタイトスカート履いてきて、
スカートが開かずにミシンの押さえが上げられない日もあったね。懐かしいね。笑。

いよいよ出発が近づいた最後の1ヶ月くらいは、なぜかずっと「荷造り」の話ししてたように思います。
入りきらないから、とりあえず放りだしてるってずいぶん直前まで言ってました。


何がそんなに詰まってるの?
軽く行きなよ〜
ってずっと言ってたんですが、


そんなある日。
お休みの日にランチに入った京都三条の伊右衛門カフェで(えらい具体的…)、
大テーブルの向かいに座った、京都のとある大学の医学部の教授らしきおじさんと、医学書の出版関係のお仕事らしきおじさん2人が(いや、ちょっとディテールを大事にいきたい…)、
日本茶を啜りながら話していた会話を、

私もまた日本茶を啜りながら、それとなく聞いていたのですが、

「 今は、重いものを持たない、というのがほとんど文化のようになってしまいましたね」
と。

学生が本を買わないのは
「勉強しないから」ではなく、
「重いから」
と。

瞬間
「一番重くて削れないのは、勉強の本なんですよね〜」と彼女が言ったことをくっきりと思い出した私

そしたらそしたら。。

「もう荷物どうしてもスーツケース一つじゃまとめられないし、ANAだけは、二つ荷物持ち込めたんで、ANAの切符取ったんです」
とか
「パリの街も意外とバリアフリーじゃないから、自分でその荷物全部抱えて、地下鉄の階段全部登ることになるかも…はぁ…」

なんていう、なんちゅう可愛らしいネガティブトークなんだと思って笑って聞いていた、こんな彼女の言葉の一つ一つが、
パタンパタンとオセロがひっくり返されるように
最初に感じたのとは違う響き。

そうか。自分で担いで地下鉄の階段登るって覚悟してるんだから。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007145702j:image
出立の近づいた彼女は、実際にもうできることもそんなにないのに、気持ちの中だけがバタバタと不安整理で忙しそうで。。
まあ、パリ行くったってさ〜そんなに色々バラ色じゃあないわなぁ〜

シャンゼリゼには犬のフンがゴロゴロだから下向いて気をつけて歩かないといけないし、
時には人糞だって落ちてるらしいし、(げっ…)
まあまあ露骨な人種差別に傷つくことも一回や二回じゃないだろうし、
ホストファミリーと合わないかもしれないし

まあそんなんも全部オセロひっくり返れば全く違うステキな経験になりそう。
と思うのは、パリ行きが羨ましい第三者ばかり。

「こんな秋の寒くなっていく陰気な季節に旅立っていいんでしょうか…」
と言った時には、さすがにゲラゲラ腹抱えて笑ってしまったわけだけれども。。

パリに旅立つという人へ、周りの人間が感じる羨ましさと、
本人の不安、恐怖、プレッシャーが見事に反比例していった最後の1ヶ月くらいでした。笑。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007145742j:image
餞別には、かたつむりが愛してやまないオルファのはさみ(Sサイズ)を。
かたつむりに来たことある人はみんな知ってる、なんでも切れちゃう抜群のはさみ。

カードには「楽しんでね!」って書いたのに、
別れ際に、やっぱり条件反射で「頑張ってね」って言っちゃって、
「いやいや、頑張らなくていいから、楽しんできてね〜」って言い直したら、彼女も
「楽しんできます!」って言って出て行ったけど、

やっぱり、彼女はメチャクチャ頑張ってこようと思ってるんだから、
「頑張ってね!」で良かったのかも、とその後思ったりして、
一人、あ〜、とか、ふ〜んとか、
次の人生を歩き始める人に対する余韻にしばらく浸っていました。
f:id:katatsumuri-shoes:20151007145800j:image
最終日。
「本当にお世話になりました」と言って出て行く彼女の足元をパシャり。何回見ても可愛いサンダルです。

私も毎週楽しかったです。
また逢う日まで。元気でね。


ハレの靴もケの靴も色々作ってきた。が、運動会スペシャルだけはいつもちょっと特別なのです!で4ヶ月ぶりにブログ復帰スペシャル〜

靴のこと 教室のこと 日々のこと
うちの子も、周りのお友達もみんなチビっこかったな〜
息子4歳の「大運動会!」を終え、写真の整理しがてら2年前の運動会の写真を久々に見る。
f:id:katatsumuri-shoes:20151006100302j:image
キャラに似合わず、ギラギラのタイガーマスクみたいな靴履いて、先生やお友達に囲まれる息子。
運動会にはなんか特別な靴作ってあげたい、と、最初の年(1歳児クラス)に作ったこの靴がきっかけになって、毎年、運動会のために靴作ってやるのを楽しみにするようになりました。
f:id:katatsumuri-shoes:20151006130024j:image
2年目は「青と緑とキラキラ」という本人オーダーに
①私が応えきれなかった
のか
➁彼の腹の虫の居所が悪かった
のかはわかりませんが
一生懸命作った靴を
「いやや」の一言でバッサリ切られ、直前に作り直すことになり、
f:id:katatsumuri-shoes:20151006130054j:image
持ち時間の少ない親が慌てふためくのを横目に、本人は
新しく作り始めた靴のカカトのスポンジ部分で、こんなんしてゴキゲン。
f:id:katatsumuri-shoes:20151006130115j:image
一転して黒とゴールドの靴。
f:id:katatsumuri-shoes:20151006130133j:image
彼の意見を全く聞かないで作ったカラーリングだったにも関わらず、
なぜか気に入って、この靴でかけっこ走ってくれました。

そしていよいよ今年。
「よし!今年はどんなん作る?」と聞いたところ
「山手線がいい」
という一言を受けて…

シルバーの革ないなあ…
黄緑のラインはどうやってつけるかなあ…

としばらく悩んだ後取り掛かったものの、、
f:id:katatsumuri-shoes:20151006143814j:image
靴の立体にどう電車を盛り込むのか決めかねて、生徒さんに難しさをグダグダと喋っていたら、
絵心のある生徒さんが、私がぼんやり思ってたんと違う「靴の前面を電車の前面に見立てる」という難易度の高い絵をサラサラと描き始めて私を追い込む。
f:id:katatsumuri-shoes:20151006135237j:image
うん、でも、それ私にはちょっと難しい。
ということで、安易に「ストラップに車両を這わす」というデザインに決定。

喜んでくれるだろなーと
途中経過の写真を本人に見せたところ、
「路線図は?  片足は路線図でいいねんけど…」

というまさかの一言。
f:id:katatsumuri-shoes:20151006135328j:image
参考写真。
以前作った「ラピートと京都の路線図」
意外に気に入っていたらしい、靴に路線図。

今年は絶対に作り直さない。
と、決めていたので、素知らぬ顔でスルー。
f:id:katatsumuri-shoes:20151006130344j:image
で、こんなんできました〜
青と緑とキラキラ、という去年のテーマをなぜか今年の靴がバチッと体現している。

何人かの生徒さんが写真見て、「黄緑のラインどうやってるんですか?」って聞いてくれましたが、
これはね、革に描けるペンで線引いているのです。
黄緑の手縫い糸で縫おうと思って、まあその恐ろしい手間も辞さない!という感じだったんですが、ちょっと色が沈んだのでね。ペンで書いたほうが蛍光感があって色がよく見えたので描いてみました。


か〜ら〜の〜
運動会当日‼︎



f:id:katatsumuri-shoes:20151006130316j:image
今年はかけっこ裸足〜‼︎

いや、うっすら覚悟はしていた。
贅沢なただの入場行進シューズになるんじゃないかと思ってたよ。
という予想か〜ら〜の〜

まさかの入場行進からオール裸足〜‼︎

まじか。
これには正直ビックリだったが、
この毎年私だけが騒いでる「運動会スペシャル」は、
まさに私だけの自己満足プロジェクトであることがはっきりした瞬間でした。
f:id:katatsumuri-shoes:20151006130458j:image
でも、裸足でかけっこだって速いのよ〜
ひと夏、ワラーチがっつり履いたからね。
f:id:katatsumuri-shoes:20151006130524j:image
夏の旅行も親子でワラーチだったね。
f:id:katatsumuri-shoes:20151006130557j:image
でも、こういうヤラセ写真も一応撮っておくよ。
f:id:katatsumuri-shoes:20151006130623j:image
う〜ん。炎天下になかなかキラキラと輝いていい感じだった。

これは、母の楽しみだからね。きっと来年も作ってあげる。
f:id:katatsumuri-shoes:20151006130715j:image
そして、あわただしく午後のお教室へ。
運動会で使った望遠レンズをつけたままなのに気がついたけれど、
f:id:katatsumuri-shoes:20151006130818j:image
近くのものを望遠レンズで撮って見えてくる世界はなんだか自分の工房とは思えないほどキラキラしていて、そのままにしてみました。
f:id:katatsumuri-shoes:20151006130908j:image
補正中の木型や、
f:id:katatsumuri-shoes:20151006131036j:image
中底を切り回す生徒さんの手元も、
f:id:katatsumuri-shoes:20151006131109j:image
みんなみんな
f:id:katatsumuri-shoes:20151006131131j:image
いつもよりなんだか神々しい。
f:id:katatsumuri-shoes:20151006131343j:image
若いエネルギー爆発の運動会からの、
大人がワイワイ靴作り。
f:id:katatsumuri-shoes:20151006131459j:image
そして、この日のお教室後には、
生徒さんの、御歳90歳のおじい様が採寸に来てくださいました。

健康で外をちゃんと散歩もされている90歳の方の足を拝見する機会はなかなかなく、
ふっくらと柔らかい足を見せていただいて、なんだかじんわりとした感動がありました。

「おじいちゃん、どんな靴がいいの?」というお孫さんの言葉に
「黒茶はいらん。ねずみにしよう。」という一言がとてもカッコよかった。

90歳。
黒茶の靴はもういっぱい持ってるし、いっぱい履いてきたんでしょう。
f:id:katatsumuri-shoes:20151006131440j:image
ベレー帽被っておしゃれでした。
春の大きな晴れ舞台に間に合いますように。お孫さんが作ります。

涼しくなってきたのでね。靴も作りやすくなってきました。
個性的な靴が色々進行中なので、楽しい秋になりそな予感。

ではでは。なにげに4ヶ月ぶりに書いた復帰ブログでした。



返信メールが届いていないという方へ

連絡・告知
8日(木曜日)からベビーシューズワークショップスタート希望のIさん。
メールが弾かれて遅れていないようです。
木曜日大丈夫ですよ。

その他にも、夏休み前に教室入会ということで、採寸をしたYさん。
バッテンサンダルの修理希望の方。

連絡をずっとしているのですが、どうも上手く届いていないようです。

なにか違うメールアドレスからもう一度送っていただくか、
電話番号、ファックス番号などの別の連絡手段をお持ちでしたら、その情報を書いてもう一度ご連絡いただきますよう宜しくお願い致します
f:id:katatsumuri-shoes:20151006115653j:image

かたつむりからのメール返信が来ていない方へ

連絡・告知
お問い合わせに対しては、2日以内に必ず返信しておりますが、ちらほら、連絡が届いていない方がいらっしゃるようです。
メールの設定によって弾かれてしまう方がいるようです。

返信がこない方は、迷惑ボックスも確認していただいてから、お手数ですが、返信が届いていない旨、もう一度メール頂きますようよろしくお願いいたします。

ブーツの注文を頂いている方、
ばってんサンダルの修理に来たい、という方、
お教室開始希望でご連絡いただいている方、

もしこのブログ読まれましたら、ご連絡くださいませ。

よろしくお願いいたします。

かたつむり。